お知らせ
News
2014.07.10

「KINOつくるキット」パッケージリニューアルと新商品が7月14日より販売開始

Print


東京のやまの再生につながるプロダクト

新商品販売開始と従来品のパッケージリニューアル
2014年7月14日から販売開始

KINO-TOKYO TREE PRODUCTS は、2014年7月14日より新商品の販売開始と、従来品のパッケージのリニューアルをいたします。東京のやまでは、植林された針葉樹が花粉症対策により伐採、花粉のでにくい杉の植林が進んでおります。その時に伐採された小径の木を使用した家具、雑貨、木製おもちゃを製造販売することで、やまの循環へと貢献していきます。

新商品「KINO たないす」
新商品の「KINO たないす(ひのき/すぎ)」は、棚にも椅子にもなるコンパクトな家具。材料には、小径で建材として 利用できない木を剥ぎ合わせて利用し、無駄の無い木材の活用をしています。「KINO たないす」を4つ製作するにあたり、 直径200mm× 長さ3000mm の丸太を1本使用します。椅子としてはもちろん、積み重ねて棚としても使用可能な多目的な家具です。

新商品「KINO カスタネット」、「KINO カホン」
「KINO カスタネット(ひのき)」と「KINO カホン(さんかくのカホン/しかくいカホン)」は、子供から大人まで木の音を愉しめる楽器。子供の頃から木に触れあうことで、木を知り、木を通してやまのことを学ぶきっかけづくりになる商品です。

新商品「KINO えほん」、「KINO 朗読CD」、「KINO ポスター」
K I NO えほん「虔十公園林(けんじゅうこうえんりん)」は宮沢賢治が亡くなった翌年(1934) に発表された短編童話。日本語、英語、エスペラントの三つの言語による対訳版の絵本になりました。挿絵は末吉陽子さんによるウッドバーニングによる描きおろし。朗読CDは、俳優の田野聖子さんによる朗読です。小さな紙芝居ができるポスターは、全18種類。

リニューアル「KINO つくるキット」
従来品である「K I NO つくるキット」は、半完成品の木材を、カッターや小刀で削ってカトラリーをつくるキット。従来のパッケージは、底面が弱く陳列時に倒れやすい問題がありました。この点を改善し、パッケージ自体の強度が増したことが最大の特徴です。



KINO-TOKYO TREE PRODUCTSは、今後とも東京のやまの木を製品に変えることでやまの循環へ貢献していきま す。
※製品の詳細なスペック、商品写真は商品ページをご参照ください(2014年7月14日公開)

<KINO PRODUCTS>

Archives

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

HOME > おしらせ > ニュースリリース > 「KINOつくるキット」パッケージリニューアルと新商品が7月14日より販売開始

このページの先頭へ